Toshio Ohnuki

68551

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義を研究しています。特にシトー会に関心があり、科研費プロジェクト「中近世ヨーロッパにおける司牧活動に関する諸修道会の比較研究」で、修道院による世俗社会の共同体形成・発展の問題を検討しています。 現在は首都大学東京の人文社会学部で研究・教育に携わっています。西洋中世史に関心があり、博士前期課程、後期課程に進学を考えている方はふるってご連絡下さい。

Blog

Klosterfriedhof im Schnee

久しぶりの更新になります。 論文を読んでいたら出てきたので貼り付けておきます。 フリードリヒは修道院や修道士について多く...

Blog

補正予算関連続報

前の記事に書いた②の予算について、朝日新聞に続報が出ていました。引用しておきます。  研究者の「武者修行」を支援します―...

最新記事

Blog

言語の横断

先週、昨年から懸念事項だった日本語論文を脱稿し、無事日本へ送付できた(無事到着するといいのだけど・・・基本的にドイチェ・...