Toshio Ohnuki

35571

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義を研究しています。特にシトー会に関心があり、科研費プロジェクト「中近世ヨーロッパにおける司牧活動に関する諸修道会の比較研究」で、修道院による世俗社会の共同体形成・発展の問題を検討しています。 現在は首都大学東京の人文社会学部で研究・教育に携わっています。西洋中世史に関心があり、博士前期課程、後期課程に進学を考えている方はふるってご連絡下さい。

Blog

第21期竜王戦第4局

将棋の記事を書くのは初めてだが、これは知る人ぞ知る大切な趣味。 いちいち棋戦のたびにここに書くことはないが、本局の結果を...

Blog

リンクについて

本ブログ右にリンク欄を設けました。 適当に同業者のものをピックアップしていますが(手始めに3つ)、今後も増やす予定。 も...

Blog

G. Constable講演会

アメリカの中世史家ジャイルズ・コンスタブルGiles Constableが、10月21日にトリーア大学第1講堂にて講演を...

最新記事

Blog

ライン地方のユダヤ人

今日研究室に行ったら、研究室付属の図書室が閉まったいました。張り紙を見ると「金曜の何時〜何時、月曜日の何時〜何時まで撮影...

Blog

Vita regularis

今、ドイツの中世修道院研究に特化したシリーズといえばこの”Vita regularis”シリーズ...