Toshio Ohnuki

96307

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義を研究しています。特にシトー会に関心があり、科研費プロジェクト「中近世ヨーロッパにおける司牧活動に関する諸修道会の比較研究」で、修道院による世俗社会の共同体形成・発展の問題を検討しています。 現在は首都大学東京の人文社会学部で研究・教育に携わっています。西洋中世史に関心があり、博士前期課程、後期課程に進学を考えている方はふるってご連絡下さい。

最新記事

Blog

2023年度後期学部ゼミ

都立大は今週から新学期が始まりました。学部ゼミは金曜日が恒例となっていて、今日、オリエンテーションの準備をして演習室へ。...

Blog

2022年度ゼミ旅行3日目

6時に起床。朝食後、初日に時間不足で発表できなかった3年生に卒論構想をしてもらい、続けて読書会。10月にゼミでマルク・ブ...

Blog

2022年度ゼミ旅行2日目

6時に起床。7時30分から朝食。みなそろって食べ始めるも、学生の1人が靴をパオの外に置いたまま寝てしまい夜の間に(おそら...