Toshio Ohnuki

32547

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義を研究しています。特にシトー会に関心があり、科研費プロジェクト「中近世ヨーロッパにおける司牧活動に関する諸修道会の比較研究」で、修道院による世俗社会の共同体形成・発展の問題を検討しています。 現在は首都大学東京の人文社会学部で研究・教育に携わっています。西洋中世史に関心があり、博士前期課程、後期課程に進学を考えている方はふるってご連絡下さい。

Blog

2019年度卒業論文の提出

今日、赴任して最初の卒業論文が提出されました。今年度僕が受け持っていた学生は3人で、タイトルは以下の通りです。 ノルマン...

最新記事

Blog

国立西洋美術館訪問

昨日12月15日に、学部ゼミ生と一緒に国立西洋美術館のハプスブルク展に行ってきました。寒いけれどいい天気。首都大は国立美...

Blog

2019年も師走となり

12月に入り何かと忙しい日々を送っていますが、新天地首都大学東京での仕事も少しずつアクセルを踏めるようになってきました。...

Research

研究領域

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義 シトー修道会の歴史 中世ド...