Toshio Ohnuki

35570

キリスト教修道制が中世ヨーロッパの国制・法・社会・経済などの諸分野に与えた影響とその史的意義を研究しています。特にシトー会に関心があり、科研費プロジェクト「中近世ヨーロッパにおける司牧活動に関する諸修道会の比較研究」で、修道院による世俗社会の共同体形成・発展の問題を検討しています。 現在は首都大学東京の人文社会学部で研究・教育に携わっています。西洋中世史に関心があり、博士前期課程、後期課程に進学を考えている方はふるってご連絡下さい。

Blog

2019年度大学院ゼミ

新しい職場に移って、大学院で2人の博士課程の学生を引き継ぎました。テーマは中世スペイン史と中世ドイツ史で、前者はドミニコ...

最新記事