1. HOME
  2. Blog
  3. 花粉症と滞在許可証
Blog

花粉症と滞在許可証

Blog, 雑感

28

三月も半ばを過ぎてトリーアではここ数日一気に気温が上がり、場合によると東京より暖かい日もあるようです。しかし喜びも束の間、花粉症で苦しんでおります。ドイツでここまでひどいのは初めてで、この地上に楽園はもうないんだなと落胆しています。

そのような中、ここ数日滞在許可証の更新をめぐって少々、でも多分に精神的に慌ただしくしていました。収入証明のための書類が月内に手に入らないのが一つネックだったのですが、役所で問い合わせた結果それ以外の書類を出していれば猶予してくれると。今日、午前中書類を提出して、無事受理してもらえました。

一つ確認しておくと、ドイツで滞在許可を取るのはたのヨーロッパ諸国に比べておそらく簡単だと思います。少なくとも自分のような学生(ドクトラント)の身分だと、

  • 申請用紙(市役所においてある)
  • パスポート
  • 大学の在学証明書
  • 健康保険証明書
  • 収入証明書

の4点を市役所の外国人課に持っていけば、その場でてきぱきとAufenthaltserlaubnisのシールを作成、これをパスポートに貼ってくれて完了です。ものの5分。留学を始める際は直接ドイツに渡航し、観光ビザの3ヶ月間で必要書類を集めればよいのです。イタリアに留学した後輩で、留学を初めて1ヶ月で一時帰国したなんていう話も聞くので、それは勘弁願いたいですよね。ただこれはあくまで人口の少ないトリーアの例なので、むしろ他の市で違いがあればそれはそれで興味深いですね。

一つ興味深いのは、滞在許可証をパスポートに貼る点です。そのため日本と往復しているとフランクフルトでいちいちそこをチェックされ、もし期限が切れていると突っ込まれます。制度上観光客として入国したということにすればもちろん問題ないのでしょうが、いちいち説明するのがかなり厄介です。

  1. 0歳

    「イタリアに留学した後輩で、留学を始めて1ヶ月で一時帰国した」ってOくんのこと?彼の場合はお役所のせいというよりは、10月に来るべきところを9月に来てしまったのが理由なので仕方ない。事前に相談してくれてればもう少し何とかしようがあったんだけど。まあ全般にイタリアの滞在許可の事務手続きはひどいけど。

    滞在許可を持ってる方が入国審査が厳しいってのは今回来てみて実感した。いつもいろいろ聞かれるのに、今回はほとんどフリーパスだったからなあ。

  2. TUvH

    ブログでは初めまして。
    オーストリアの場合と比べて、すごく迅速に処理がされるのですね。
    オーストリアも必要書類はほぼ同じ(上記の書類+成績証明書)なのですが、
    審査に時間がかかります。
    待ち時間が二時間ということはざらですし、
    書類を渡してから、それをチェックするのに一時間近く待たされます。
    更に日を改めて受け取りに行かなければいけないので、二度手間です。
    どうして同じドイツ語圏の国なのにこうも違うのか、不思議です。

  3. わたなべ

    本当に暖かくなりましたね。
    花粉症、やはりドイツでも罹ってしまうのですね…。
    ぼくは今のところ大丈夫だったのですが、ここも地上の楽園ではないということ、しかと心に刻んでおきたいと思います。
    花粉症のあの苦しみは、なかなか言葉にできないものがありますものね…。
    ちなみに滞在許可証については、アウクスブルクもトリーアとほぼ同じです。

  4. barbarossa0728

    コメント祭り!

    >0歳
    そうそうピサのO君。ちょっとフライングだったんだ。しかしイタリアにいたまま何とかならなかったのもかわいそうだね。でもさ、仮許可証みたいなのでしばらくいるんでしょう?そりゃないよなー。

    下手に滞在許可持っていると、常にこっちで不法労働するかもって目で見られるんだね。

    >TUvHさん
    コメントありがとうございます!
    成績証明書も必要なんですね。自分の場合は単位がいらないので、その点で免除されているだけなのかもしれませんが。待ち時間に関しては、自分の担当者の部屋の前に並んでいる人の数次第ですね。昨日は誰もいなかったので0分でした(笑)

    >わたなべさん
    わたなべさんも花粉症ですか〜。お察しします。
    何かの花粉に反応しているせいか、昨日からくしゃと鼻水で、頭がぼーっとしています。運が悪かったとしか言いようがありません。
    アウクスブルクも簡単なんですね。人口はトリーアの2倍以上ですが、古くからの大聖堂都市はどこか牧歌的なところがある気がします。

  5. 0歳

    盛況だね。滞在許可と花粉症は誰でも苦労するものらしい(笑)。

    というかO君の場合、滞在許可ではなくビザの問題だったから仕方ない。ビザは日本でしか手続きできないからね。ちなみに僕は最後の更新の時は申請中のまま1年半待ったよ。受け取ったのは帰国1ヶ月前(笑)。

  6. barbarossa0728

    それを確認しておきたかったんだけど、ドイツはワーキングホリデーなどを除いてビザは要らないんだよ。それを日本の大使館でもらわなきゃならないとなると一手間かかって実に面倒だね。
    しかし滞在許可証の発行が帰国1ヶ月前っていうのは笑い話もいいとこだね(笑)申請用紙のDNA鑑定でもしていたのかな〜。

  7. 0歳

    イタリアで学生の場合だと、最初はビザが必要。ビザがないと滞在許可も降りない。ただ、1年のビザは審査が厳しかったりする。それ以降は滞在許可の更新だけで大丈夫なんだけどね。

    さすがにイタリアでも発行がそこまで遅れたのは1回きりだよ。南部はどうか知らないけど。システムが電子化されたせいでかなり混乱したみたい。

  8. barbarossa0728

    >0歳
    ビザ必須なんだね。このご時世、あまり意味がないと思うんだけど。
    システムが電子化されて遅れる、とううのはイタリアらしい(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。